日本語教育をするには検定で資格を取得

日本語教育を教師となって行うことができる資格を取得する検定試験は公益財団法人日本国際教育支援協会が主催し、公益社団法人日本語教育学会が認定している日本語教育を行う専門家となる基礎的水準に達しているかを検定する試験があります。

日本語教育の検定に関する情報を公開中です。

国家試験や公的試験ではないのですが、この日本語教育に携わるための能力検定試験に合格すると日本語教師の有資格者となるのです。試験が開催されるのは日本国内の7地域で年に1回10月に行われています。
日本語教育の能力を検定で認定されて資格を取得した人たちの多くは日本国内で日本語教師として、日本語学校や自治体が開いているボランティアの日本語教教室で教える場合が多くはあります。
他にも資格を取得すると海外でも日本語教師として活躍する場所は多く、海外の日本語学校で教える・日本の公的機関から派遣されるボランティアプログラムに参加するなどがあるのです。
検定を受ける資格には学歴や年齢などの制限がなく誰でも受けることができることから、受験者の大半は会社員・退職者・主婦層などになります。
勉強方法として独学の場合には書籍やインターネットなどで勉強方法を探して自分なりの対策をとる場合には学習時間の確保が重要となるのです。



試験の内容は日本語の文法・構造・言語学・教育制度・歴史・心理学など多岐にわたっており合格率は20%程度とかなり難しいとも言えるので、勉強法の1つに養成講座を受講する人も多くいます。