日本語教師の資格は不要だが養成講座などを受講する

日本語教師になるのに特別な資格は必要ないのですが、日本語を話せたら誰でもなれるというものでもなく、日本語に関する知識と指導力が問われます。

日本語教師の養成講座に対する期待が寄せられています。

そのために日本語教師に必要な知識や指導の仕方などを学ぶことが必須となり、日本語教師として採用されるために養成講座を受けたり、日本語教育能力認定試験に合格する、または大学で日本語教育課程を修了するなどの条件を満たす必要があります。


養成講座では日本語の知識や指導力など420時間の授業を受けます。


受講をするための資格や入試はなく能力試験のための学習もできたり講師から直々に指導を受けたりアドバイスをもらえること、演習や実習ができること、また就職先を紹介してもらえるなどのメリットがある反面、高額な授業料が掛かったり、数カ月から1年以上通学をしなければいけないなどの縛りもあります。



日本語教育能力試験は1年に1回実施され、日本語教師としても専門的な知識が身についているかどうか検定されます。


知識に関しては自分で学習をすることができるので、この試験に合格をすれば教師としての条件は満たされますが、実習や演習などの経験がない分、試験だけで教師になると苦労することも出てくるので、養成講座に通いながら試験を受けるとい人が多いのです。



大学で日本語教師の課程を卒業すると、より深い知識を得たり高い学歴を持っていることで就職にも優遇されますが、大学に入学するために試験を受けたり学費が掛かってしまいます。

このように特に資格は必要がないのですが、専門知識屋指導力は必要なので、それらのことを身に付けていることが条件となる職業です。