日本語教師の資格を得るには養成講座もあります

日本人に生まれて日本語を長い間話していますが、日本語教師に誰でもなれるかと言えばそうではありません。

日本語教師の養成講座に関する企業の一覧です。

教える資格を得るためには条件があります。

日本語教育主専攻または副専攻修了者であるか、日本語能力検定試験の合格者か、学士の学位を有し、かつ養成講座420時間コースの修了者であるかという事です。
この3つのうちいずれかに該当しなければ日本語教師にはなれません。


条件はありますが、大学卒業していて学士の学位があれば、養成講座を利用する事で資格を得る事が出来るので、検定試験や日本語教育を専攻するために大学に入り直す必要もありません。



講座は通学のみの物と通信の物と通学と通信を組み合わせたものがありますが、通信の物は資格取得の条件である養成講座420時間コースの修了者と認めないとする求人もありますので働く場を狭める結果となりますので、通学できるのであれば、通学の講座を受けることをおすすめします。

また、通学は出来ないので通信講座を受けた場合は、日本語能力検定を受けて合格する事で求人の幅を広げる事が出来ます。

通学の講座では、通学する日数により半年で条件を満たすものもありますが、だいたい1年〜2年かけて420時間のコースを修了して日本語教師となるのが一般的です。また、通学だけでなくWEB講義を受けることが出来たり、学生割引がある講座もありますので、養成講座を選ぶ際にはいくつかの講座を比較検討して自分に合ったところ探しましょう。