一言で老人ホームといってもどんなものがある?

高齢化社会が進む中、老人ホームの需要は年々高まりつつありますが、実は様々な種類があることをご存じでしょうか。

老人ホームには必要な介護のレベルによって利用できる施設があり、それぞれ目的やターゲットとしている層が違います。
老人保健施設はリハビリに重点を置いた施設で看護、介護、リハビリを目的とした方向けの施設です。

NAVERまとめ情報が手に入ります。

ただし医学管理に基づいた施設の為、入居期間は3ヶ月と短めになっています。



本格的な介護施設というより、病気療養からの自宅へ戻る為の準備や他施設への移動準備に使われる事が主だった目的とされます。


特別養護老人ホームは常に介護が必要で自宅介護が出来ない方の為の施設で、おそらくイメージに一番近いものかと思われます。
ここでは日常生活の介護や健康管理も受けられますが、施設入居希望者が多いために長期間入居待ちという状況が多い事が現状です。同じく自宅介護出来ない方を迎える有料老人ホームがありますが、こちらはすべて個室を設け入居時に支払う一時金の他1カ月当たりの費用負担は特別養護老人ホームよりも多くかかります。

この他にも認知症の方向けの施設としてグループホーム、軽度の介護が必要な方の為のケアハウス、サービス付き高齢者住宅等があります。グループホームは認知症の高齢者の方が共同生活し、食事や介護、機能訓練等受けられます。


ケアハウスは日常生活において自立している方向けの施設で、日常生活に支障をきたす介護レベルになった場合、施設での対応が困難となり退去させられるか別の施設へ移る事を勧められます。最近増えてきたサービス付き高齢者住宅はバリアフリーを設け安否確認、生活相談の提供などが受けられます。

高齢者の単身、夫婦単位の利用者が多く、訪問介護サービスの併用も可能です。

介護付有料老人ホームを選ぶに関する口コミ情報を募集しています。